かわいい猫が家にやってきた!飼い主も猫もドキドキ^^

(移動や環境の変化でネコにストレスを与えないように、家に連れてきた直後はかまいすぎないこと。あなたも心にゆとりをもってネコが家になれるまで見守りましょう)ネコを迎える日は、家になれさせるため、午前中に連れてくるのがおすすめです。
 
 
可能なら、朝ゴハンを抜いてもらうと移動で具合が悪くなるのを予防できます。移動は抱っこだと脱走する危険性があるので、かならずキャリーバッグなどに入れること。
 
 
家に着いたらキャリーバッグを開け、ネコが自分から部屋に出てくるのを待ちます。はじめは部屋の中を探検してまわったり、ネコによっては物陰に隠れてしまうこともあります。家になれるまではむやみにかまわず、自由にさせて見守ってあげましょう。初日からいじりまわすとネコが疲れてしまうので要注意です。

安心できるものを入れてあげる

ネコは環境が変わるとストレスを感じるので、デリケートなコは体調を崩すこともあります。子ネコを連れてくるときは、いままで使っていたタオルやおもちゃなどを一緒に入れてくるとよいでしょう。ネコは自分の匂いがあると安心できるのです。
 
 
【家に迎えるポイント】
口、朝はできれば、ゴハンを抜いておいてもらう
口、午前中に迎えに行き、早めに家に連れてくる
口、匂いがついたものがあればもらってくる
口、部屋を安全に整えておく(こちらの記事を参照
口、キャリーバッグに入れて移動する
口、初日はトイレをセットし、ゴハンの世話だけをして、あとは自由にさせておく

※あちこち検索すると思うので自由に検索させてあげましょう(=^・^=)

スポンサーリンク







初日の世話

(基本は自由にさせてあげて!ゴ八ンとトイレを準備する)ネコが落ち着いてきたら、あらかじめ決めておいた場所でゴハンをあげます。はじめはそれまで食べていたフードと同じものを食べさせましょう。フードを変えるなら新しい環境になれてからにします。トイレは静かな場所に置き、初日から場所を覚えさせましょう。そわそわして排泄する様子を見せたら、トイレに連れて行きます。使用済みのトイレ砂を少しもらって入れておくと、新しいトイレを使いやすくなります。(もらった砂に匂いが残っているからです)

ネコ用の場所を用意

1日の大半を寝て過ごすネコのために、専用の居場所を用意。専用スぺースとしてベッドや箱を置くのがおすすめです。もらってきたタオルを入れておけば自分の匂いで安心して寝ることができます。ただし、ネコは用意したベッドを使うとは限りません。ネコが自分でお気に入りの場所を選んだときは、好きにさせてあげましょう。(落ち着いてきたら餌をあげてください)

名前をつけよう


家に迎えたネコに、お似合いの名前をつけましょう。毛並みやカラー、顔つきや性格など、さまざまなイメージから個性的な名前をつけている人が多いようです。名前を呼べばもちろん自分の名前を覚えてやがて反応するようになります。
 
 
【ポイント:名前を覚えさせよう!】
名前をおぼえさせて、呼んだら来るようにしつけます。そのためにはおぼえやすい単純な名前を!複数飼いの場合にはそれぞれに区別のつきやすい名前をつけることがポイント。そして、食事や遊んであげる前に必ず名前で呼びます。呼ばれてやってきたら、おおいにほめてあげましょう!「えらいね~」って♡

スポンサーリンク